美しいをあなたに

ファスタナは妊娠中や授乳中でも飲んでいい?成分の安全性は高いの?

 
ファスタナは妊娠中や授乳中でも飲んでいい?成分の安全性は高いの?
この記事を書いている人 - WRITER -

妊娠中や授乳中でも体型の維持をしたい!!だけどもし子供に何か影響があったら最悪だし。そんな風に考えてしまいますよね。

旦那さんに体型維持について相談しても妊娠中や授乳中は体型のことなんて気にしなくていいという返事が返ってくるのがほぼ100%です。

ママになってから女性としての魅力がなくなってしまうのは嫌ですよね。【ママになっても綺麗でいたい】と思うのは当然ですし、【産後でもしっかりと体型維持に力を入れれば女性としての魅力をさらに上げる】ことができますよ。

産後の体型維持としてファスタナを選んだあなたはとてもいいセンスをしています。その理由をこの記事でご紹介しますね。ファスタナの安全性についてしっかり調査しました。

\限定キャンペーン実施中/

ファスタナは妊娠中や授乳中でも飲めるの?

妊娠中や授乳中でも綺麗でいたいというのは女性の本能であり、当然のことです。ですので旦那さんからこんな時期だしダイエットはいいんじゃないかと言われても諦める必要はありませんし、世の中の綺麗なママ達はみんな妊娠中や授乳中でも自分磨きは怠っていないんです。

そして、ファスタナも女性用に特化して開発されているものなので基本的に胎児や子供に影響が出る可能性があるものなどは排除して作られています。成分に関してはファスタナの成分は?で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

妊娠中や授乳中でもダイエットするべき?

妊娠中や授乳中のダイエットは賛否両論あるかと思いますが、ダイエットという考え方でするのではなく体型維持という目的でする人が多いです。

妊娠前にデスクワークなどで運動をしていなかった人でも妊娠中や授乳中は思っている以上に体力を使うことになりますので出産に備えてトレーニングをしておくのもいいかと思います。

また、授乳中の時期などでは子供を抱く時間も増えますし思っている以上に筋肉を使うことになります。そういった意味でもソイプロテインが豊富に含まれているファスタナを使ってプロテインダイエットをすることはとてもいいことでしょう。

妊娠中や授乳中にダイエットをするべき理由

なぜわざわざ妊娠中や授乳中にダイエットをするのかと旦那さんに詰め寄られるかもしれません。理由はママになっても綺麗なままでいたいということなのですが論破できるような理由を教えます。

  1. 産後太りを解消する
  2. 授乳後の胸の垂れを最小限に食い止める

上記の理由を旦那さんに伝えると納得してくれるでしょう。

妊娠中に栄養を蓄えていた母体は出産と共に必ず痩せるというワケではなく、人によっては贅肉などがそのまま残ってしまう場合があります。産後には育児などによりお金の使い道がこれまでと大きく変化します。

自分自身の為に使うお金を節約する人が増えるので痩身エステなどに通うお金も節約したくなってしまいます。産後太りを解消する為に痩身エステに行くのであれば妊娠中からしっかりと体型維持をしておくほうが明らかにコスパがいいのです。

さらに産後には授乳が待っています。既に一人目を出産された方なら誰もが納得できるかと思いますが授乳後の胸はかなりふにゃふにゃになってしまいます。これはプロクラチンという成分が分泌されなくなってしまい、それに伴って乳腺も細くなり徐々に胸がふにゃふにゃになってしまいます。この授乳後の胸の垂れを抑えるには妊娠中や授乳中の体型維持が必須となります。

これらの理由を旦那さんに突きつけて論破しましょう。

\限定キャンペーン実施中/

ファスタナの成分は?

ファスタナの全成分
粉末状大豆たん白、ブドウ糖、難消化デキストリン(水溶性食物繊維)、果汁混合末(デキストリン、ブルーベリー果汁、ブラックカーラント果汁、レッドラズベリー果汁、リンゴベリー果汁、アサイー抽出物)、植物混合末(モリンガ葉末、マカ根末、アマランサス末、キアヌ末、クコ果実末、チアシード末、バオバブ果実末、ヘンプシード末)、コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)、松樹皮抽出物、アサイー果汁末、コエンザイムQ10、赤ブドウ発酵抽出物、カカオ抽出物、ケール末、ビール酵母、HMBカルシウム、鶏肉抽出物、乳酸菌末(乳成分を含む)/ビタミンC、クエン酸、卵殻末カルシウム、甘味料(ステビア)、酸化マグネシウム、香料、ナイアシン、ビタミンE、パンテトン酸カルシウム、ベニコウジ色素、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、ヒアルロン酸、ビタミンB2、ピロリン酸第二鉄、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

ファスタナに含まれている成分の安全性は高い?副作用はない?

ファスタナに含まれている成分について詳しく調べてみました。副作用などが起きないか、安全性は高いのか、なんのためにファスタナに配合されているのかという点について知りたいなら是非ご覧ください。

粉末状大豆たん白 脱脂加工大豆からタンパク質を抽出してつくられたものを粉末にしたものです。この成分に副作用がみられるなどの報告はありませんが、遺伝子組み換え大豆が使われている可能性が高いので、遺伝子組み換え系の食べ物に抵抗がある人は避けたほうがいいかもしれません。しかし、スーパーなどでは普通に遺伝子組み換え系のとうもろこしなどを餌として食べている鶏肉などが売られていますので健康に害はないと言えるでしょう。
ブドウ糖 糖分です、炭水化物にも含まれているもので、甘みがあり体を動かす際のエネルギーになります。
難消化デキストリン(水溶性食物繊維) お腹の中で膨らむ成分です。元々は食物繊維不足を補うものとして作られています。副作用については下痢などの消化器症状などは見られず安全性の高い成分だと報告されています。
果汁混合粉末(デキストリン、ブルーベリー果汁、ブラックカーラント果汁、レッドラズベリー果汁、リンゴベリー果汁、アサイー抽出物)
植物混合粉末(モリンガ葉末、マカ根末、アマランサス末、キアヌ末、クコ果実末、チアシード末、バオバブ果実末、ヘンプシード末)
コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む) フカヒレ、手羽先、牛すじ、豚足などに多く含まれているもので、これらを加熱してほぐしたものがゼラチンです。さらに酵素などで細かく分解することでコラーゲンペプチドになります。コラーゲンは肌に良いというのを耳にしたことがある人も多いと思います。ファスタナに含まれている美容成分の一つです。
松樹皮抽出物
アサイー果汁粉末
コエンザイムQ10
赤ブドウ発酵抽出物
カカオ抽出物
ケール粉末 ケールは青汁に使われる成分です、ビタミン、ルテイン、カルシウム、食物繊維、メラトニンなどが含まれています。栄養価が非常に夜会成分です。
ビール酵母
HMBカルシウム
鶏肉抽出物
乳酸菌粉末(乳成分を含む)
ビタミンC 強い抗酸化作用を持っており、美容や健康にいい成分として広く知られている成分です。ビタミンCを摂取するのは1日で100g程度が基準となっています。
クエン酸 消化吸収、血流促進、代謝促進、脂肪燃焼など効果が期待できます。摂取するだけでなく体を動かして消費する事も考えましょう。
卵殻末カルシウム
甘味料(ステビア)
酸化マグネシウム
香料
ナイアシン 皮膚や粘膜の健康維持の作用をする成分です。レバーや魚などに多く含まれており、適度に摂取すれば健康上なにも問題ありません。
ビタミンE 体にいいから使われているという訳ではなく、食品の酸化防止の目的で使用されている成分です。
パンテトン酸カルシウム
ベニコウジ色素
ビタミンB1 ダイエット中にビタミンB1が不足すると体がだるくなったり疲れやすかったりと、夏バテのような症状になってしまいます。そうなってしまうのを防ぐためにビタミンB1が配合されています。摂りすぎても何ら問題はありません。
ビタミンB6 筋肉や血液が作られる時に働く成分です。ビタミンB6には数種類あり、その中でもピリドキシンというものを長期的に大量摂取した場合、感覚神経に障害がみられた報告があるようです。スリムビュートにはその成分は使われておらず、他のビタミンB6が使われています。
ビタミンA 肌の健康維持などの効果があり、美容成分としても有名です。不足してしまうと暗い場所でものが見えにくくなってしまいますので、ダイエット中でも十分に摂取する必要があります。
ヒアルロン酸
ビタミンB2 皮膚や粘膜の健康維持を補助する働きがある成分です。エネルギーを消費する際に代謝を支える成分でもあり、ダイエット中の運動により消費されるので、たくさん摂取するといいです。
ピロリン酸第二鉄
葉酸 赤血球の細胞形成を助けたり、胎児の発育を手助けします。妊娠初期の女性が摂取する事で胎児に対しては神経管閉鎖障害という発育不全のリスクを減らす事ができます。昨今、葉酸は妊活中の女性から注目されています。
ビタミンD 小腸や腎臓でカリウムとリンの吸収を促進して、血液中のカルシウム濃度を保ちます。摂取し過ぎにより悪影響はありません。
ビタミンB12 貧血に有効なビタミンとして知られている成分です。葉酸と協力してヘモグロビンの生成を助けます。

妊婦さんや授乳中の人が飲む時に注意するべきこと

ファスタナが妊娠中や授乳中に安全だからと言っても注意しておくべきことはあります。それは過剰摂取による副作用です。

ファスタナの成分は?でも詳しく書いていますが安全性の高い成分を使っているけど、さすがに過剰摂取をしてしまうと副作用が出てしまう成分も使っているからです。

下痢や腹痛などの症状であればまだ我慢できるかもしれませんが、貧血や目眩などがしてしまうと妊娠中や授乳中だと少し危険ですよね。ファスタナは飲めば飲むほど痩せるというものではありませんので、決められた量を摂取してしっかり運動をするようにしましょう。

そうすれば安心して使うことができますよ。

\限定キャンペーン実施中/
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 美ForYou , 2018 All Rights Reserved.