【口コミ有り】首のイボ取りクリームのおすすめランキングを発表します!

首のイボに悩んでいる人は多いですよね。首のイボって遺伝性のものがあったり、紫外線によって出来るものがあったり…
首にイボがあると、見た目も嫌ですが、年齢よりかなり老けてみられるのが残念ですよね。
実年齢より老けて見える首のイボ、なんとか自力で取りたいと思う人も多いですが、ニキビとは違うので、自分で引っ張っても取れるわけではありません。
そこで、首のイボ取り方法についてと、イボ取りクリームについて調べてみましたのでご紹介します。

首のポツポツは首イボって知ってた?

首のポツポツが気になり始めるのは、30代を過ぎる頃からです。あれ?何だろう?と思っているうちに、だんだんと大きくなってきます。
このポツポツの正体は、実は首イボなんです!
首イボって、老人ができてるものじゃない?!と思ってしまいますが、まさしくその老人のイボと同じなんです。
ポツポツも最初は1つ2つだったと思っていたのに、あっという間に増えてしまいます。これも首イボの特徴です。

首イボは自然に消えることはあるの?

見た目にも嫌な首イボ、残念ながら自然に消えることはほぼありません。
皮膚科に行けば、ドクターがハサミで切り取ったり、液体窒素による凍結療法やレーザー治療でイボの切除をしたりする処置になります。

ただし皮膚科に行かなくても、イボ取りクリームなどを使ってケアしていると、ある日突然ぽろっと首イボが取れることがあります。
スキンケアの一環として、イボ取りクリームで首のお手入れを習慣づけていきましょう。

首イボを強引に引きちぎってしまうとどうなるの?

時々、首イボを強引に引きちぎってしまおうとする人がいますが、イボはニキビとは違って潰れたりちぎれたりしません。
強引に引っ張ろうとすると、イボの周りの皮膚を痛めてしまいますので絶対にやめましょう。

首イボを取るにはどんな成分が必要なの?

首イボを取るためにオススメの成分
  • ヨクイニン
  • あんずエキス
  • 杏仁オイル
  • プラセンタ
  • ヒアルロン酸

首イボを取るためには、首の角質ケアをすることが必須です。首イボは、若くても老人性イボと同じです。
老人性イボは、古くなった角質が固まったもの。私たちは年をとるごとに、だんだんとお肌のターンオーバーの速度が遅くなることで、角質もどんどん溜まっていきます。
これは悲しいけれど、加齢とともに誰にでも起こるものです。
そこで、角質ケアプラス、お肌のターンオーバーを促進する成分が含まれている首イボクリームを選ぶようにしましょう。

首イボを取るクリームのおすすめランキング

首イボを取るクリームでケアすれば、自宅で首イボを取ることが出来るんです。
そこで、オススメの首イボを取るクリームについてご紹介します。

1位 わらびはだ

おすすめポイント
  • 保湿ケアができる
  • 角質ケアができるので、ターンオーバーをサポート
  • 首元、目元、デコルテのポツポツしたイボが気になる人に
価格 初回価格1,780円(通常価格9,980円)
主要成分 ヒトオリゴペプチド・ハトムギ種子エキス・馬プラセンタ・ヒアルロン酸
その他 無添加処方のオールインワンイボ取りクリーム

わらびはだはメディアで取り上げられたイボ取りクリームです。わらびはだは、化粧水、美容液、クリーム、化粧下地が全てこれ1つでOKという手軽さ、毎日のスキンケアをしながら、イボ対策が出来ます。
高級品といわれるアナツバメの巣からとれるシアル酸が配合、シワ改善に期待ができる成分も含まれています。

2位 SU-BE EX

おすすめポイント
  • お肌に優しい無添加処方
  • 首元・胸元のイボが気になる人におすすめ
  • 塗るとポカポカするホットピーリングジェルでターンオーバーをサポート
価格 初回価格980円(通常価格7,200円)
主要成分 あんずエキス、3種のヨクイニン、杏仁オイル
その他 業界最大136種類の美容成分配合

SU-BE EX(スーベEX)は、塗ると気持ちが良いホットピーリングジェル。使い続けることで、イボがぽろっと取れてきます。
これは、SU-BE EX(スーベEX)を塗ることで代謝が活性化されて、古い角質層とともにイボがぽろっと取れる仕組みです。
敏感肌の人も使える無添加処方、しかもナノBテクノロジー3,0という独自の浸透技術で、肌の奥までしっかり浸透してターンオーバーをサポートしてくれます。

3位 ティアティア

おすすめポイント
  • 潤いながら角質を除去
  • みずみずしいテクスチャで気持ちの良い使い心地
  • 天然由来成分配合だから、敏感肌の人も安心してお手入れが出来る
価格 初回価格2,870円(通常価格4,100円)
主要成分 天然茶エキス(プーアール茶、緑茶、ルイボスティー)、ハトムギ(ヨクイニン)、AHA(乳酸)
その他 カテキン、ポリフェボール

お茶屋さんが作った拭き取り化粧水のティアティアは、汚れも角質もしっかりふき取れる優れもの。ティアティアには、茶葉エキスが含まれているので、抗酸化作用、抗炎症作用、消炎作用が期待されます。また、抗菌作用、収れん作用も実感出来るでしょう。

毛穴に古い角質がたまっていると、化粧水などの美容成分が浸透しません。そこで、洗顔後はしっかりティアティアの拭き取り化粧水で、毛穴に残った汚れや角質を取り去りましょう。

くすんでしまったお肌も、すっきり1トーン明るい肌へと蘇ることが出来ますよ。

4位 クリアポロン

おすすめポイント
  • なめらかですべすべの肌に
  • 手触りが気になるイボの解消に
  • 続けやすい美活コスメ、肌をターンオーバーさせる力で首イボをケア!
価格 初回価格1,800円(通常価格6,800円)
主要成分 Wヨクイニン、あんずエキス、ダーマヴェール
その他 ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アラントイン、コラーゲン、ヒアルロン酸配合、セラミド、スクワラン、トレハロース

首イボがあると、鏡を見るたびに憂鬱になりますよね。
なんとか自宅で首イボを取りたい、でも面倒なケアは続けられない…そんな人にはクリアポロンがおすすめです。
首のイボ取りクリームは続けることが大前提にありますが、クリアポロンはイボケアやスキンケアに時間が取れない人にも最適のオールインワンゲルだから安心です。
しかもクリアポロンを気になるイボの部分に塗るだけで良いので、お手入れに意識が向きやすく続けやすい仕様になっています。

首イボを取るクリームを選ぶポイント

ヨクイニンが配合されているもの

首のイボ取りには必須アイテムでもあるヨクイニン。東洋医学の世界でも、皮膚トラブルにはヨクイニンが処方されるほど優秀な成分です。
そんなヨクイニンは、スキンケア全般にもイボ取りにも効果的です。首イボを取るクリームを選ぶときは、ヨクイニンが配合されているものを選びましょう。
抗酸化作用もあるヨクイニンは、お肌を滑らかにする成分が含まれているので、お肌のお手入れにも最適の成分です。

ハトムギ、杏仁オイルなどが配合されているもの

ハトムギや杏仁オイルも、イボ取りクリームにはとてもおすすめ成分です。

杏仁オイル

杏仁オイルには、パルミトレイン酸が豊富に含まれています。
パルミトレイン酸は乾燥肌や老化肌を防ぐ成分なのですが、加齢とともにパルミトレイン酸は減少しています。
あんずエキスはお肌のゴワゴワ改善に期待できます。

ハトムギ

昔からイボに効果があると言われているハトムギ、別名はヨクイニンです。体内からの水分代謝を活性化するので、毒素や老廃物を体外へ排出するサポートをしてくれます。

即効性は求めずゆっくり時間をかけて取るもの

イボ取りクリームは、自宅でイボを取ることができるのですが、魔法のクリームではありません。スキンケアの一環としてのイボケアと思って、ゆっくり時間をかけてイボ取りしましょう。
目安としては、3〜4ヵ月は使い続けることが大切です。
お得に買うことが出来る定期購入などを利用しながら、ゆっくり首イボ対策を立てていきましょう。

即効性を求めるなら医療機関へ行こう

今すぐに首イボを取りたい!と思うのであれば、イボ取りクリームではなく、皮膚科に行きましょう。
するとハサミで切ってくれるか、レーザーなどで処置されます。
明日までにイボをなくしたい!と思うのであれば、皮膚科に行って見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA